クレンジング 肌質

肌質によってクレンジングは使い分けた方が良いの?

基本的に肌質は乾燥肌・脂性肌(オイリー肌)・敏感肌・普通肌・混合肌に分かれます。
それぞれの肌質の違いは、水分量と油分です。

 

肌質によってクレンジングは使い分けた方が良いの?

 

この肌質の中でも1番、クレンジング選びを間違えてほしくないのは乾燥肌の方です!
クレンジングをした後などにお肌の乾燥が気になる方は間違った物を使い続けるともっと症状が悪化してしまう可能性があります。

 

乾燥肌の方にオススメ出来るクレンジングは、ミルク・クリーム・石鹸・オイルになります。
この中でもミルク・クリームタイプはクレンジングの中でも刺激が少ないものになるのでオススメです!

 

 

脂性肌の方は基本的にどのクレンジングを使っても問題ないと言われています。
皮脂が多い分、オイルタイプなどは使わない方が良いと思いがちですが、皮脂は洗顔の時に落としていくので
クレンジングはメイクがしっかりと落ちるかどうかで判断をする事が重要です。

 

 

敏感肌の方にオススメのクレンジングはミルク・固形石鹸・オリーブオイルです。
やはり、ミルクタイプが負担が少ないので敏感肌に方にはオススメです。
しかし、ミルクタイプは洗浄力が高くないので、アイメイクなどは落ちないと考えた方が良いです。
その為、ポイントメイクリムーバーを使いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ